マイルを貯めてANAの特典航空券を手に入れてみた。

いつも東京に行く時はLCCのジェットスターを使っていますが、今回はマイルが貯まっていたのでANAの特典航空券を利用してみました。

正直言って快適でした(笑)何よりも羽田空港に着くのが素晴らしいです。都心に出るのに気分的にラクですからね。

支払いはほとんどクレジットカードです。

管理人がメインで使っているクレジットカードはANAカードですが、ほとんどの支払いはカードで行っています。さすがに数百円単位の買い物だと現金払いの方が多いですが…。

毎月1万円程度の買い物だとなかなかマイルは貯まりませんが、10万円を越えてくるとかなり貯まります。

毎月10万円も使うのかよ!と思うかもしれませんが、光熱費や携帯料金、ネット料金をカード払いにすればそれだけで2、3万円になります。

また、可能であれば家賃の支払いもカード払いにできると最高です。特に東京に住んでいる場合は、ワンルームマンションでも毎月6、7万円は家賃が発生しますからね。

その他、日常的な買い物やネット通販の支払いをカードで行えば、意外と簡単に10万円くらいは到達してしまいます。

実際に往復航空券を得るために必要なマイル数は?

出発地と目的地、シーズンによって必要なマイル数は変わってきますが、地方都市から東京までのレギュラーシーズンで考えてみましょう。

例えば広島から東京までは、レギュラーシーズンで片道7500マイル必要です。往復なら15000マイルになります。

ANAカードでポイントを貯めた場合、一般的には10ポイント=1マイルとなります。15000マイル貯めるには1500ポイントが必要になります。

ANAカードのポイントは1000円=1ポイントで換算されるので、1500ポイント貯めるには150万円の支払いをすればいいわけです。

毎月10万以上カードで支払いをすれば、1年あれば1500ポイント貯めるのはそれほど難しくないです。

国内特典航空券のメリット

海外の特典航空券の場合、予約が取れないことも多いですが、国内の場合はかなり余裕があります。

予約は出発予定日の4日前まで取れるので、ギリギリまでスケジュールを調整することができます。嬉しいことに、同じシーズンであれば予約の変更は無料で行うことができます。

ジェットスターなどのLCCの場合、こちらの都合でキャンセルすことはできません。この点、大手航空会社の方が便利ですよね。

久しぶりに乗ったANAの乗り心地は?

すでに書きましたが、相当快適でした。LCCも決して快適でないわけではないのです…。

飲み物のサービスの時にCAの人がエプロンを着用するのも何か新鮮でした(笑)コーヒーも美味しかったですしね。言うことないです。

ちなみに帰りの便では気になったのでコンソメスープを頼んでみました。かなり美味し。冬とかもっと美味しいと思いますよ(笑)

固定費の支払いをカードにしてマイルを貯めよう

マイルの活用方法を知識として知っていても、意外と面倒臭いと思って実行しない人が多いようです。管理人も最初はそうでしたが(笑)

実際、カード払いをメインにすると、驚くほど早くマイルが貯まります。

特に外こもりなどで海外に頻繁に行く人は、航空券やホテルの予約はもちろん、現地でいざと言う時にカード払いにするなど、いろいろと役に立ってくれます。

その度にマイルも貯まるので一石二鳥ですよね。

また、ANAと提携しているホテルを利用したり、キャンペーンを利用すればより効率的にマイルを貯めることもできます。

もちろん、最強なのはamazonやヤフオクなどの物販の仕入れでカードを使うことですよね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *