Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

映画鑑賞 搾取

知らないうちに搾取されていないか?―ゼイリブ、ウィスリープ

2015/10/07

ジョン・カーペンター監督の『ゼイリブ』(They Live)。久しぶりに見ましたが、たまらない名作ですね。

金が貯まらない、都会生活が肌に合わない、何でも売りつけようとするマーケティングがウザい、こうした不満を抱える人は一度観てみてください。

うっ憤が晴れること間違いなしです。管理人も貧乏リーマン時代によく観ていました(笑)

ゼイリブのストーリー

大雑把なストーリーはこんな感じです。最後のネタバレはなし。

肉体労働者のネイサンは仕事を求めて新しい都市にやってくる。ハローワークでは冷たく仕事はないと言われるとが、どうにか工事現場の仕事を見つけ、仲間の紹介でドヤ街の宿泊所に落ち着く。

ある日の夜、宿泊所の近くの建物が警官隊に襲撃されるのを見た彼は、翌日その建物に入ってみる。そこで見つけたのは一見何の変哲もない黒いサングラス。

ネイサンがそのサングラスをかけて街を歩くと、人間の中に化け物の容貌を持ったものが混じっていた。さらに看板やテレビ、書籍には「従え!」、「消費しろ!」、「考えるな!」などのメッセージが。

サングラスを外すと、化け物の顔をした人間は普通の顔になり、看板やテレビのメッセージも見えなくなった。ネイサンは化け物の存在を仲間の労働者に知らせようとするが...。

ゼイリブの見所

消費社会、苛烈な資本主義を痛烈に批判した作品ですが、普通に映画として面白いです。

節約生活を送る人間なら何度も納得して頷くでしょう。消費が大好きな彼女や奥さんに見せるといいかも?ケンカしても責任はとれませんが(笑)

主人公の肉体労働者二人。無駄に長い殴り合いシーンは必見です。

theylive1

サングラスをかけたネイサン。見てはいけないものを見てしまいます...。

theylive4

人間の中に化け物が混じっていました。

they-ive

看板には従え!、考えるな!、消費しろ!、買え!、テレビを見ろ!などのメッセージが。

theylive3

札束には「これはお前の神だ」のメッセージが。これだけは全く同意です(笑)

theylive5

知らない間にモノを買うように仕向けられていないか、不要なモノを購入するように誘導されてないか、十分に気をつけましょう。

このサイトも例外ではないですぜ(笑)

-映画鑑賞, 搾取