Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

税金 外こもり

長期で海外に出るなら12月がオススメ

2015/08/09

1年以上海外で暮らす場合には、日本の住民票を抜くことができます。

つまり、非居住者になるわけですね。

非居住者にはメリット・デメリットの両方がありますが、最大のメリットは住民税が課税されないことではないでしょうか。

もちろん、条件があります。

ケルンライン川

住民税の課税権は被課税者が1月1日に居住していた自治体が持っています。

つまり、1月1日に日本の非居住者になっていれば、日本の自治体に住民税を課税されることはないわけですね。

海外に長期滞在して住民票を抜く場合には、その期間に1月1日が含まれるようにしましょう。

特に前年にかなりの所得があった場合はこの方法がオススメです。

海外在住でも住民登録しておくと有利?

ちなみにずっと海外で暮らす場合、住民票は抜いておいた方がいいと思われがちです。

国民健康保険と国民年金を支払い義務がなくなりますからね。

ところが、住民票を抜かなくても国保と国民年金の支払いが免除される方法があるようです。

要点をまとめると、海外に在住することで日本国での所得を0にする方法を使うわけですが、詳しくはSix Samanaの13号に紹介されています。

-税金, 外こもり