Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

外こもり

東京のブラック企業で働いていると外こもりしたくなるね

2017/03/05

外こもりしたいと思うこの頃です。

『外こもりのススメ』によれば、外こもりとは「目的もなく海外の一都市にこもって、ブラブラしていること(人)」とあります。

HGは漠然と日本(特に東京)の物価の高さや閉塞感から逃れるために、東南アジアなどの海外に住んで気ままに暮らすことだと考えています。

外こもりには日本でお金を貯めてから海外でしばらく生活することを繰り返す人と、不動産などで不労所得をつくってから暮らしている人がいるようです。

前者だと若いときはいいですが、年をとるとキツそうなので、外こもりをするなら後者のタイプになりたい。

大企業や国家だって人件費や税金の安い新興国や途上国をうまく使っているのですから、個人もメリットを享受したいですね。

グローバル化と新興国の台頭によって、先進国の普通の人の暮らしは相対的に貧しくなっているようです。

一方で日本では超高齢化社会の到来によって、社会保障費の負担がどんどん重くなっていくという二重苦です。

先進国の日本に住んでいても給料は上がらず、物価は高くて仕事はキツい、おまけに重税は課せられる、こんな状態だけは避けたいですね。

外こもりしたい人は『外こもりのススメ』を読んでみよう

少し古くなってしまった感はありますが、今でも外こもり入門として役立ちます。

しかも、インターネットで稼ぎやすくなったという点では、現在の方がはるかに外こもりしやすい環境が整っていると思います。

ブラック企業に勤めていた時、管理人も出勤前の朝にトイレでこの本を読んで苦悩を紛らわせていました(笑)

-外こもり