東京の生活費についてまとめてみた。

東京はとても便利で、娯楽が多くて楽しい街ですが、生活費は世界でもトップクラスの高さです。

当たり前のように消費を続けていると、とても金なんて貯まらないので警戒が必要です(笑)

参考までに自分が東京でリーマンをしていたときの生活費をまとめました。

  • 家賃  7万
  • 食費  3万
  • 光熱費 1万
  • 通信費 1万
  • 交通費 5000
  • 税金  2万5000
  • 合計  14万5000

※通信費は携帯電話+インターネット、税金は厚生年金+社会保険料です。

毎月15万円近い固定費です。

金持ちならともかく、普通のリーマンにとってこれはかなりキツイ金額です。

これだけ支払ってそれなりの暮らしをできれば我慢できますが、ワンルームの犬小屋に住んで、牛丼がメインの食生活になるわけですからね(笑)

出費はさらに増える・・・

固定費は15万円ですが、何かあれば出費はさらに増えます。

何回か飲みに行ったり、ゴールデンウィークやお盆、年末年始に旅行に行ったり、地元に帰省すればたちまち18万、19万になってしまいます。

手取り20万ちょっとだと、例えボーナスでもう何十万円か貰えたとしても貯金するのは厳しいですね。

もちろん、もっと工夫すれば生活費を安くすることはできると思います。ですが、どうしても生活水準は下がってしまいます。

どこかの街に住む理由は、物価や生活コストだけではないですし、仕事や人間関係もあるので一概には決めれません。

ですが、日本の地方都市や東南アジアで15万円払えばどんな生活ができるか、あらためて考えてみれば東京に暮らすメリットはかつてほど大きくないのではないでしょうか。

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方 田舎物件はこうして探す―300万円で手に入れる田舎暮らし

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *