ベトナムで外こもりを考えるー生活費の試算

タイ、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、フィリピン、マレーシアと、主要な東南アジア諸国を旅してきましたが、個人的にいちばんよかったのがベトナム。

タイやフィリピンも魅力的でしたが、昔と比べて物価も上がっているみたいですし、誘惑が多いので節約生活は厳しそうですね。

その点、ベトナムであればホーチミン市はかなり発展していますし、その割に物価が安いので外こもりしやすそうです。

ベトナムの生活費を試算

あまりカツカツの暮らしはキツイので、ある程度余裕を持たしたうえで生活費を計算してみました。

家賃  1万5000円
電気代  4000円
携帯電話  2000円
食費  2万5000円
娯楽  5000円
保険  10000円
ビザ月割り 4000円
合計  6万5000円

まだ実際に住み始めていないので変更の可能性はありますが、6万5000円になりましたね。

家賃は1万5000円としていますが、ホーチミン市だともう少し上がる可能性はありますね。

ビザ月割りは3ヶ月マルチプルビザ(1万2000円)の1ヶ月あたりの額です。

最近流行りの(?)アジア5万円生活までは無理でしたが7万円弱といい線をいっています。日本の国民年金保険料の1万6000円を足しても8万2000円。

日本の住民票を抜いている場合は、国民年金の支払いは任意になります。

十分10万以下におさまります。

1ヶ月6万5000円で暮らせるとするなら、年間78万円です。

候補地としてはホーチミン市を考えていますが、観光客が多い地方都市なら物価もさらに安くなるようです。

日本の生活費との比較

日本では東京や神奈川、いくつかの地方都市で生活しましたが、家賃の差こそあれ生活費はだいたい次のとおりでした。

家賃 45000円
高熱 10000円
通信 7000円
食費 30000円
娯楽 10000円
保険 20000円
年金 16000円
合計 138000円

合計13万8000円です。東京の都心に近いエリアに住むなら家賃が1~2万円くらいは上がりますね。

年間の生活費は165万6000円です。

ベトナムとの生活費の差額は7万3000円。年間で87万6000円の差ですね。

ベトナムも日本も最低限の娯楽費しか考えていないので、もう少し遊びに使うお金を増やしたい場合はもう少し額は増えます。

ただし、同じお金を使ったとしても、ベトナムを含む東南アジア諸国の方が日本よりもクオリティーは上がります。

純粋にお金の負担だけを考えるなら、ベトナムの方がずいぶんと安く済みますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *