Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

仮想通貨投資

【ネム】地獄の仮想通貨投資日記①ー利確せずに失敗した話【モナコイン】

「億り人」を目指すべく、元手50万円で始めた仮想通貨投資。

確かに美味しい局面もあったが、1月~2月の大暴落で含み益が一転して含み損に。地獄のような仮想通貨投資の日記です。

仮想通貨投資の失敗談―利確せずに失敗した話

まずは失敗談をご紹介します。これから仮想通貨投資を始める方、よければ参考にしてください。それにしても酷い失敗ばかり...。

最初の失敗談は利確せずに失敗したという話。

ビットコインの価格が10万円や20万円のときに購入したのならいざ知らず、すでに100万円を超えて状態で購入した場合は「ガチホ」という選択肢は危険ですね。

私の場合はビットコインではないのですが、アルトコインのモナコインとネムでやらかしてしまいました。

①1000円で購入したモナコインが2400円に!しかし、利確せずに含み益の大半を失う

何やらモナコインが年末に1000円を超えるのではない。

そんな話を某掲示板で聞いたのですが、その時点でモナコインは500円ほど。しかし、モナコインと言えば暴騰した後に急落するイナゴ殺しの仮想通貨として有名で、9月の暴騰→急落のときは私も高見の見物をしていました。

買うかどうか迷っているうちにモナコインはあれよあれよと価格上昇を続け、すでに900円を超えた状態。

焦って買おうと試みるも、注文が殺到したザイフの取引所では注文が入りませんでした。しかし、購入ボタンを何度も押せばそのうち注文が入るという情報を得、同じように試みると何とかモナコインを購入することができました。

突っ込んだ金額は70万円。モナコインの価格は1000円を少し超えたところでした。

「朝起きたら300円に戻っていたらどうしよう...」。

その日は不安で寝れなかったものの、朝起きてみるとびっくり。前日に1000円で買ったモナコインは、早朝に1500円を超えていました。

さすがに利確でいったんは価格が下がったものの、再び上昇を始めたモナコイン、1500円を超えて悠然と上がり続けます。

そのうち2000円を超えるのではないかと言う情報もちらほら出てき始めました。

そして最終的には2400円に到達。さすがに最高値はそれほど続きませんでしたが、それでも2000円以上を維持する日が続きました。その後暴落して1000円に近づくも回復。

2000円を超えることはありませんでしたが、1900円には一時期戻りました。

しかし、その後どうなったかは御存じのとおり。年末には1000円を割り、年が明けても下落の一方。1月半ばから2月頭の鬼の爆下げ時期には、300円代に戻りさえもしました。

2月18日現在は、650円前後を推移。12月の暴騰前、300円代でうろうろしていた時期から見ると2倍を超えていますが、12月に暴騰し始めてから購入した人にとってはたまらない価格ですね。

さて、管理人ですが、1000円で購入したモナコインを1100円で手放しました。一時期170万円近くまで膨れ上がっていた原資の70万円は、7万円で利確。

普通、7万円も利益が出れば喜ばしいことですが、さすがにこれは凹みました。とは言え、そのまま握っていたら大幅に元本割れしていたので悲惨なことになっていましたね。

タイミングとしてはまだまだマシだったと思います。

100円で購入したネムも2.4倍に!しかし、今度は元本割れ

含み益が大幅に減ったモナコインを利確しようと思ったのは、他のアルトコインが大きく暴騰していたからです。

投資センスのない私でも、さすがにモナコインのターンはしばらく戻ってこないだろうということは分かりました。モナコインが3000円になるなんて話はもはや後の祭りでした。

購入したのはそのとき1枚100円だったネム。すでに25円から4倍になっていましたが、兄弟分と言われていたリップルがさらに高騰していたので、ネムもまだまだ吹き上がるんじゃないかと期待できたからです。

結果、年末は120円前後で推移していたネムですが、年明けからジワジワと上がり続け、なんと240円にまで高騰。77万円が184万円にまで膨れ上がっていました。

ここで利確すべきだったのですが、またしてもガチホというアホな選択肢を取ってしまいました。

ネムも急に下がることはなく、数日は200円以上でしたし、1月17日の運命の日の前日だって170円程度の価格は維持していました。

ガチホの結果は御存じのとおり。1月17日の暴落で70円すら切ったときはさすがに自分のアホさ加減を呪いましたが、その後反転。120円に戻したところで利確。

原資の70万円は最終的に92万円になりました。

私が仮想通貨投資を始めたのは8月頃。12月参戦組よりも4カ月も早く開始していたわけです。それなのに、12月のアルト祭りで得た利益はわずか22万円...。

12月以降に参戦した方の多くは損失を出していると思われるので、利益が出ているだけ良いと言えば良いのですが...さすがに投資センスのなさに呆れますね。

とは言え、1月17日以降にネムがどうなったかを考えるなら、120円で利確できたのはまあ良い選択だったと言えます。

ご存知のとおり、ネムはコインチェックのハッキング事件で悪い意味で有名になってしまいました。

ビットコインやその他のアルトコインが順調に回復していっている中、ネムだけは50円代後半~60円代前半で推移しています...。

まとまりのない話になってしまいましたが、結論を言えば急騰中に購入したアルトコインのガチホは危険!特に、バブル崩壊の危険が高いときは!ということです。

-仮想通貨投資