Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

一攫千金!巨大マグロ漁

一攫千金!巨大マグロ漁―シーズン5-11

2016/11/05

「一攫千金!巨大マグロ漁」シーズン5の第11話。

先週、港から200km離れたジョージ・バンクで2万ドル以上のマグロを仕留めたデイブとTJ。今週も同様に遠征に出かけます。一方、マルシアノとポール、タイラーは港に近いジェフリーズ・リッチに狙いを定めます。

以下、ネタばれ注意

一攫千金!巨大マグロ漁シーズン5の第11話ダイジェスト

ジョージバンクに遠征するも当たりがこないデイブ

先週は4匹のマグロを釣り上げたデイブですが、今週はそもそもマグロの魚影すらほとんど見かけず。苛立ちが募ります。ようやく当たりが来たと思ったら、針が外れて逃げられる始末。

同じようにジョージバンクに遠征したTJと無線で愚痴り合います。

それでも、週の終わりになって何とか1匹のマグロを釣り上げ、赤字は回避。マグロがかかると、それまでダレていたクルーのサンドロやジョーディも、雄たけびを上げて、ずぶ濡れになりながら楽しみます。

あわや船が火事になりかけ、途中で撤退したTJ

TJもデイブと同じくジョージバンクに遠征。しかし、マグロの影は見当たらず、なかなか当たりが来ません。ようやく来た当たりは、なんと針が外れて逃げられてしまいます。

失望しながら操縦席に座るTJ。すると、なんと煙が発生し、異臭が...。どうやら電気系統のパーツが劣化し、燃えていたようです。このままでは火事になってしまうので、急遽撤退を決めるTJ。

港からジョージバンクまでの燃料代は往復1000ドル。さらにエサ代や氷代を含めると、2000ドル近くは経費がかかります。これにはさすがのTJも参りますが、「火事にならず全員が無事だっただけでも良しとするか」と前向きな発言。

近場のジェフリーズ・リッチで漁を行うマルシアノ

前回は当たりがなくてブチ切れたマルシアノ、今週も港から近いジェフリーズ・リッチで漁を行います。なかなか当たりに恵まれず、おまけに1匹に逃げられますが、チャンスは終盤にめぐってきます。

大物がかかり、途中ロブスターの罠籠のロープでラインが切れそうにあるも、どうにか釣り上げたマルシアノたち。269cmの大物を仕留めます。

少しずつ調子を上げるタイラー

今回はトラヴィスと二人で漁に出るタイラー。今シーズンは調子が悪く、下から2位。それでも何とか1匹釣り上げ、少しずつ調子を上げます。

タイラーに言わせれば、ジェフリーズ・リッチは自宅から15km。

4匹のマグロを仕留めたポール

前回船員のランスをクビにしたポール。マルシアノやタイラーと同じく、港から近いジェフリーズ・リッチに当たりをつけます。するとこれが大当たり。

次か次へとマグロを釣り上げ、規定量の4匹に到達。今シーズン、一週間で4匹のマグロを釣り上げたのは、デイブとポールだけです。「ランスなんていらねぇ!」と叫ぶポール(笑)

シーズン5第11話の売上ランキング

1匹のマグロで11440ドルの売上を上げたマルシアノが首位奪還。一方、不調ながらジョージバンクで1匹釣り上げるも、6000ドル程度の売り上げだったデイブは2位に後退。

今週一気に4匹のマグロを釣り上げたポールがデイブに1500ドルの差で迫ります。1匹釣ったタイラーは最下位のエリン&サラ号を突き放します。

船名釣り上げ数売上
ハード・マーチャンダイズ10$69123
ツナ・ドットコム15$63480
ウィキッド・ピサ12$61702
ホット・ツナ8$56929
ピン・ホイール6$32294
エリン&サラ5$25704

今週もかなり波が高く、荒れ気味の海でしたが、次回は何と嵐の中の漁です。波風が激しく、雷がなる中、親父たちが頑張る模様。

『一攫千金!巨大マグロ漁』はHuluで期間限定配信中です。今なら2週間無料で視聴可能。無料期間だけで解約可能というキャンペーン中です。

-一攫千金!巨大マグロ漁