バイオハザード7がかなり面白そうな件―体験版いま分かっていることまとめ。

バイオハザード7がようやく発表されましたね。PVだけじゃなく、体験版も公開されているそうで、さっそくやってみました。個人的にバイオハザードは1から4までリアルタイムでやった世代なのでかなり楽しみ。

というわけで体験版の感想と現在わかっている攻略方法のまとめ。最後に管理人のコメントです。ネタバレ頻出なので要注意。

バイオハザード7体験版の気になる内容は?

ざっくり感想など

「館から逃げろ」というテキストから始まる体験版。脱出するのがゲームの目的のようです。館と言っても一軒家というには大きいですが、バイオハザード1のような洋館というほどは巨大な建物ではない模様。

館の探索が始まりますが、今回は完全に一人称視点の模様。主人公の姿は基本的に見えません。前後左右360°の移動に加えて、しゃがむことができるようです。視点も動かせます。

この操作方法、個人的にはエコーナイトというゲームを思い出しました。15年以上も前のゲームなので知らない方もいるかもしれませんが、亡霊のいる無人の客船を探索するゲームです。

バイオハザード2が出た後は、ちょっとしたホラーゲームブームになっていて、いろいろな作品が出ていましたが、エコーナイトはその中でも硬派でシブイゲームでした(笑)他にもディノクライシスやクーデルカなんかもなかなかの雰囲気…。

話を元に戻すと、グロ描写はかなりのレベル。劇中で殺されてしまう人物の死体や、ナベの中の腐ったスープに湧いているゴキブリ(しかも、主人公の右手に張り付くオマケつき笑)など相当リアルです。

また、全体に流れる陰気な雰囲気も秀逸です。不気味なマネキン人形や、埃と虫にまみれた雑然とした館は雰囲気があっていい感じ。洋館のゴシックな不気味さというよりは、「悪魔のいけにえ」のような殺伐とした陰気さです。

登場するアイテムも初期のバイオファンならニヤリとしてしまうものばかり。チェーンカッター、ヒューズ、斧、ビデオテープなど。人形の指なんてアイテムもありますが、結局使い方は分かりませんでした(笑)

イベントシーンを除き、敵キャラは出てこないので戦闘シーンはありません。ですが、手斧は装備することができます。武器として使えば、マネキン人形や木箱を破壊することができます。戦闘システムはまだ公開されていませんが、結構期待できそうです。

現在分かっているバイオハザード7の情報

開発陣のインタビューやファミ通などのゲーム雑誌から現在分かっている情報です。

  1. 今回は大幅にホラー重視
  2. 時代設定はバイオハザード6よりも後
  3. 過去のバイオハザードシリーズとストーリーはつながっている
  4. 主人公は弱さも持つ一般的な人間
  5. 生物災害(バイオハザード)と邪悪な主人(レジデントイーブル)の二つの要素を持つ
  6. 体験版はオカルトチックだったが、ゴーストモノではない
  7. QTEはでてこない

体験版をプレイし、上記の情報を見る限り今回はけっこう期待できそうな予感…。

ちなみに、開発陣のインタビューでは、バイオハザードシリーズの重要な柱は「恐怖とホラー、周囲の探索、謎解き、限られた資源を使い分けること、敵との戦闘」であり、今回の体験版は「恐怖と探索」を体験してもらうためのものだった模様。となると他の要素もがぜん期待が高まりますね。

体験版の4種類のエンディングと小ネタ(ネタバレ注意!)

エンディング1

チェーンカッターを入手⇒チェーンを切ってビデオテープを入手⇒TVでテープを再生⇒暖炉の隠し通路で鍵を入手⇒鍵のかかった扉から外に出る

エンディング2

暖炉の隠し扉通路でヒューズを入手⇒配電盤にヒューズをセットしてボタンを押す⇒隠し階段を昇る⇒電話を取る⇒電話を置いて部屋を出ようとする

エンディング3

エンディング1のルートで最後に扉から外に出ない⇒エンディング2のルートで最後に電話を取る(電話の内容が変化)⇒電話を置いて部屋を出ようとする

エンディング4

ゲームが開始したらすぐにヒューズを取りに行く⇒ヒューズをセットしてボタンを押す⇒隠し階段を昇ってすぐに2階に移動する⇒マネキンが振り返らないように階段を昇りきる(視線をマネキンに向けたまま移動)⇒新しい3つめのメッセージが表示される

現在分かっているエンディングは上記の4つのみ。いずれも最後は初老の男に殴り倒されてエンドとなります。今のところ館を脱出する生存ルートの情報は出ていません。

バイオハザード7体験版 攻略マップ

バイオハザード7地図2

ビデオテープ内

バイオハザード7地図1

※地図はhttp://imgur.com/a/VN6KCから引用。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *