Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

国内旅情報

東京都心から成田空港にアクセスする最安交通手段まとめ

せっかくジェットスターなどの格安航空を使って地方に行くのなら、成田空港までの交通費も節約したいもの。

特に早朝便だからと言ってビジネスホテルに前泊したり、午後の便に乗る場合に成田エクスプレスなんか使っていたら、何のためにLCCを利用するのか分かりません。

というわけで、都心から成田空港に行くまでの最安の交通手段をまとめてみます。

東京駅からバス

東京駅から成田空港まで高速バスが出ています。それも毎時間2~3本出ているので利便性はかなり高いです。所要時間は1時間ほど。交通状況によって多少前後しますが、そこまで時間はかかりません。

LCCが利用している第三ターミナルに到着するので、電車のように第二ターミナルから600mほど歩いたり、ターミナル間バスを連絡する手間も省けます。

料金は最安値で900円。都心から成田空港に向かう手段としては最も安い交通手段になります。

深夜・早朝便は予約なしの当日購入は2000円!

ただし、注意しておきたいのは、予約なしで利用する場合は割高になる時間帯があること。特に1時から6時15分までの深夜・早朝便は、当日に予約なしで切符を購入する場合、2000円に跳ね上がります。

1100円もあれば、ジェットスターの機内サービスを利用してお釣りがきますし、搭乗前にカフェテリアで軽食を食べることもできます。特に深夜・早朝便を利用する方は、必ず予約をしましょう。

深夜・早朝便以外の当日購入は1000円。せっかくなので予約を面倒くさがらずに最安値で切符を抑えましょう。

深夜便を利用すれば、バスの中で仮眠をしつつ、成田駅のネットカフェでの前泊を節約することもできます。妥協しない節約派にはオススメですが、バスの予約を忘れていたら泣くに泣けません...。

成田空港行きのジェットスターなら機内で900円で切符を購入できる

ジェットスターが新しく始めたサービスの中でもとびきり優れているのが機内で京成高速バスの切符を購入できるもの。それも、当日購入でも900円で買うことができます。

また、最近ではジェットスターのウェブサイトで航空券を購入するさいに、一緒にバスの切符を購入することもできるようになっています。一度にまとめてチケットを買えるので非常に便利です。

電車を乗り継いで行く。

時間に余裕がある時や、荷物が少ない場合は電車を乗り継いで行くのもオススメ。特に我孫子から成田空港までの鈍行電車は景色もきれいでなかなか楽しいです。ただし夜は真っ暗ですが...。

最安の路線は東京駅⇒船橋駅、船橋駅から徒歩で京成船橋駅、京成船橋駅から空港第2ビルです。船橋駅から京成船橋駅まで徒歩で歩く必要があるのがやや難点ですが、5分ほどで着きます。

料金はICカードを使って1125円ほど。所要時間は1時間15分ほどです。

管理人は成田駅の漫画喫茶で前泊する場合にこの路線を使います。その場合は、空港第2ビルまで行かずに成田駅でおります。運賃はICカード利用で923円。

ちなみに成田エクスプレスの所要時間は東京駅から空港第2ビルまで50分ほど。第二ターミナルから第三ターミナルまで10分から15分かかるので、ほぼ1時間かかります。時間的にはバスと同じ、料金的には3倍です。

確かに成田エクスプレスの車内は快適ですが、単に移動するだけなら節約した方が気分的に落ち着きます(笑)

-国内旅情報