Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

国内旅情報

ANAカードで家族のマイルを使う二つの方法

ANAのクレジットカードでこまめに買い物をしてこつこつとマイルを貯めていると、いざ使いたい時にマイルが僅かに足りないってことありますよね。

そんなときに家族の貯めたマイルがあればぜひ使いたいもの。マイルプレゼントキャンペーンなどでは1000マイルとか2000マイル、簡単に手に入りますが、普段の生活では500マイルだってすぐに手に入れるのは難しいですからね。家族から貰うのがいちばん簡単かつラクです。

家族のマイルを利用する二つの方法

家族をファミリー会員登録する

自分のANAカードをプライム会員として、家族のANAカードをファミリー会員登録すれば、マイルを移行することができます。家族から必要な分だけマイルを貰うことができるので、いちばんオススメの方法です。また、時期によってはファミリー会員登録でマイルがもらえるキャンペーンをやっていたりします。

プライム会員はメインカードを登録する必要があります。メインカードというのは、ANAカードを複数持っていてマイルを統合している場合に、マイル口座を持っているカードのことです。一枚しかANAカードがない場合は、そのカードがメインカードとなるので気にする必要はないです。

ちなみにファミリーカードの登録条件は「日本在住のANAカード個人本会員およびその家族で生計を同一にし、同居する配偶者および一親等以内の家族」が対象となっています。なかなか厳しい条件ですが、ここでも実家暮らしが有利ですね(笑)

ちなみに、ファミリー会員登録には申請から2週間ほどかかる模様。もし有効期限が切れそうなマイルがある場合は、早めに申請することをオススメします。

家族はいるが生計を同一にしていない、または期限切れ間近のマイルがあって2週間も登録を待てないという方は、てっとり早い方法として特典利用者登録がオススメです。

家族を特典利用者登録する

特典利用者登録とは、早い話がマイルで家族の特典航空券を購入できるというもの。こちらの登録は簡単で、マイレージクラブのウェブサイトから必要事項を入力するだけですぐに完了します。

特典利用者の登録は「会員の配偶者、会員の2親等以内の親族の方最大10名」とファミリー会員よりも条件が緩くなっています。

期限切れが近いマイルがある場合は、この方法で入力するのが早いです。ただし、特典航空券の購入に必要な分のマイルしか使えないので、余ったマイルがあっても活用することはできません。

ANAカードを持っていると、カード決済をしなくても、継続利用ボーナスやキャンペーンなどで毎年数千マイルは地味に貯まっていきます。5、6000マイルあれば国内線の片道航空券ぐらいは手に入ります。普通に買えば1万円程度はかかるので、捨ててしまうの勿体ないですよね。

家族が利用しないマイルを持っている場合は交渉するのがベターです。

ちなみに管理人の毎月のクレジットカード引き落とし額は10万円ほど。と言っても散財しているわけではなく、家賃や光熱費、携帯電話料金にくわえて、日常の細かな買い物も可能な限りクレジットカード払いにしています(笑)

1000円で1ポイントたまり、1ポイントで10マイルになるので、100円=1マイルになっています。10万円なので毎月1000マイルほど貯まる計算。半年でレギュラーシーズンの片道航空券が利用できるレベルなのでそこまでマイルは貯まりませんが、半年に1回飛行機にタダで乗れると考えるとお得です(笑)

-国内旅情報