Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

筋トレ・有酸素運動

ウェイト・トレーニングは部位ごとに分割して行った方が効果的か。

少し前までウェイト・トレーニングと言えばベンチプレスがメインでしたが、胸筋だけ発達して他は細いという奇形のような状態になったので(笑)、最近はデッドリフトとスクワットを加えて、全身を隈なく鍛えるようにしています。

ところで、ジムに行けるのは最大でも週2回ほど。となると、トレーニングメニューの割り振りが問題になります。

適当なトレーニングメニューでは効率よく筋肥大できない

ベンチプレスばっかりやっていた頃は、週2回ジムに行く日のうち、2日ともベンチプレスをやっていました。

後はその日の気分でショルダープレスをやったり、懸垂をやったり、腹筋マシンを使ったり...要は適当なトレーニングをやっていたわけです。

結果、胸以外はそれほど筋肉は発達しませんでしたね。そもそも、ベンチプレス以外では追い込みをかけていないというのもありましたが、トレーニングする部位や回数などを適当に決めていたことが大きかったと思います。

現在のメニュー:日ごとに鍛える部位を決めて行う

今のトレーニングメニューはだいたい次のとおり。

1日目:胸、脚

ベンチプレス、懸垂、ディップス、フライマシン、スクワット

2日目:背中、肩

デッドリフト、ラット・プルダウン、ダンベル・ショルダープレス、懸垂、ディップス

デッドリフトをやり始めた時は、ベンチプレスとセットでやっていましたが、かなりキツく、結局手抜きトレーニングになってしまっていました...。

そのため、ベンチプレスとデッドリフトは分けることに。

スクワットはBIG3の中では最後に始めたトレーニングですが、最初はデッドリフトとセットにしていました。が、これも組み合わせが悪かったので、ベンチプレスの日に行うように。個人的にはその方が相性が良いです。

本当はベンチプレス、デッドリフト、スクワットはすべて別々の日に行うのがいいようですが、現状では週3回ジムに通うのはきついので断念しています。

個人的な感覚になりますが、現状のトレーニングの方が、ベンチプレスに偏っていた時よりも全体的にバランスよく鍛えられています。

ベンチプレスも少しずつ扱える重量が増えてきています。

トレーニングを行う日ごとに鍛える部位を分けた方が効果を実感できていますね。

-筋トレ・有酸素運動