ホーチミンシティーの生活費-実際に暮らしてみた場合

ホーチミンシティーの生活費について目安を書きます。

ただし、生活費はライフスタイルや家族構成によって大きく異なります。

あくまで参考程度と考えてください。

今回は独身男性が一人暮らしをするケースを想定しています。

ホーチミンシティー生活費

ホーチミンシティーの生活費

  • 家賃(光熱費込) $250~300
  • 食費      $200~300
  • 通信費     $30~50
  • 交通費     $50
  • 年金/保険    $250
  • 合計      780~950$

家賃

ホーチミンシティーの外国人向けの一人暮らし用の部屋は$250~$300程度が相場のようです。

広さは日本のワンルームマンションくらいです。

最低限の家具(ベッド、机、椅子、タンス、冷蔵庫、エアコンなど)が備え付けられており、シャワーとトイレは同室が一般的。

キッチンは備え付けられていないことが多いです。ヴェトナムは他の東南アジアの国と同じく、食費が安いので外食が多いようです。

もちろん、人気のエリアや設備のよいサービスマンションになれば東京と変わらない家賃になりますし、郊外に行けばもっと安い部屋もあります。

食費

一般的な食堂では、フォーやブン・ボー・フエなどの麺類がだいたい40000ドン(200円くらい)で食べることができます。

日本食など外資系レストランは高めで、ランチだと100000ドン(500円)~200000ドン(1000円)が相場です。それでも200000ドン出せばかなり豪華なランチが食べられます。

交通費

ホーチミンシティーのタクシー初乗りは11000ドン(55円)。ヴェトナムでは頻繁にタクシーに載ると思いますが、複数人で利用すればかなり安くすみます。

知り合いなどにバイクを借りればもっと安くあげることも可能です。

年金/保険

年金は国民年金に加入(月額15200円)し、保険は年間10万円程度の海外旅行保険に加入したと考えて見積もっています。

もちろん、日本の住民票を抜けば国民年金への加入は任意になりますし、現地就職する場合は現地の社会保険に加入する場合もあるので出費は変わってきます。

まとめ

だいたい7~8万円あれば最低限の生活は送れると思います。もちろん、節約しようと思えばもっと節約できますし、遊びにお金を使いたい場合は出費は増えます。

今回は食費を多めに見積もっていますので、ホーチミンシティーで7~8万円あれば、東京で生活費20万円ぐらいの暮らしをするのと同じ生活になると思います。

次回はホーチミンシティーの遊びについて書いていきます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *