Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

国内旅情報

成田空港のLCC早朝便利用時にオススメのホテル-アパホテル京成成田駅前に泊まってみた。

ジェットスターなど成田空港発地方行きの格安航空は早朝便を利用すると非常に安上がりです。

デメリットはあまりにも早い出発時間。朝6時~7時の便がざらにあります。

当然、その日の朝に都内から電車で行こうとしても間に合うことはありません。

従って、東京駅発の深夜バスに乗るか、第三ターミナルで徹夜するのでなければ、前泊が必要になります。

最安値は漫画喫茶だが...

せっかくLCCの早朝便に乗るのだから、何よりも出費を抑えたいという方にオススメなのは漫画喫茶。

成田駅の南側にある快活CLUBという店が安くてオススメです。

夜9時半にチェックインして朝の4時半に出れば1300円ほどですみます。

とは言え、早朝便に間に合う電車は京成成田駅発の始発しかなく、これを逃すとタクシー利用しかないという諸刃の剣。

特に格安航空の場合、出発の30分前までにチェックインできなければ予約は無効、文字通り料金の払い損となってしまいます。

漫画にネット、ドリンクバーにアイスといくらでも夜更かしの誘惑がある漫画喫茶は危険。確実に起きられるという自制心のある方にだけオススメします(笑)

より快適に成田駅のビジネスホテルに泊まる

漫画喫茶はキツすぎるという方や、早朝便で金を浮かしたのだから多少はホテル代に使ってもいいという方にオススメなのは成田駅のビジネスホテル。

競争が激しいのか、適度な価格のホテルがいくらでもあります。

朝食がフリーでつくホテルもありますが、LCCの早朝便利用の場合は時間に間に合わないことがほとんどです。

価格にして500円~1000円ほどの朝飯のために飛行機を逃したのでは話になりませんよね。

オススメは格安航空早朝便利用者のためのプラン。

チェックアウト時間が早いために通常のプランよりも割安になっています。

さらに成田空港まで直通の無料バスを利用できる場合も多いです。

モーニングコールを依頼しておけば、自分で目覚ましをかけるよりも寝過ごす確立は大幅に減ります。

アパホテルに泊まってみた

いつもは快活CLUBで金を節約する著者。

今回は少し風邪気味だったので、思い切ってビジネスホテルに泊まることにしました。

じゃらんや楽天で検索すればいくらでも出てきますが、条件は成田空港まで直通バスがあることです。

大浴場があれば文句なし...。もちろん、料金は安いに越したことありません。

今回はアパホテルに泊まりました。

女社長の漫画が置いてあることで有名なホテルですね(笑)

プランは「オンラインカード決済限定◇素泊まり◇禁煙室」。

最安値が4,444円という不吉な数字になっていますが、アパホテルは受容によって大幅に価格が変わるのでなかなか最安では泊まれません。

結局5,000円以上払うことになりました。

もっとも、ビジネスホテルは一人で泊まるとどうしても割高になってしまうので、早割や早朝チェックアウトプランでも4000円以上はかかってしまいます。

その点、アパホテルは最安値グループに入ります。

室内は標準的。温泉は快適。

部屋は普通のビジネスホテルタイプでした。

アパホテルは場所によって値段以上の豪華な雰囲気を味わえますが、京成成田駅前はそこまでお得感はありません。

ただし、寒い時期にはラジウム温泉は最高でした(笑)

ホテルによっては室内のユニットバスしかない所もあるので、大浴場が付いているのは大きなメリットですね。

もちろん、女社長の漫画も室内に置かれています。

アパホテルでは浴衣の上に折り鶴が置かれているのですが、その裏話も漫画の中で明かされています(笑)

朝は無料送迎バスで空港まで。もちろん第三ターミナルにも乗り入れます。

体力が余っているなら漫画喫茶ですが、疲労している時や飛行機に乗った後に大事な用事があるならビジネスホテルもありですね。

-国内旅情報