Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

筋トレ・有酸素運動

1日3分!ブルース・リー式腹筋をやってみた。

最近、胸と肩ばかり鍛え過ぎたせいか、腹まわりがだらしねえことに。

特に下腹に脂肪がついてしまいました...。座り仕事のせいか腰も痛くなってきます。

腰が痛くなるのは腹筋が弱いのが原因であることも少なくないとか。

というわけで、腹筋の強化を頑張ることにしました。

まずは自宅で腹筋。

ジムには腹筋マシンはありますが、どうしてもベンチプレスやデッドリフトが中心になってしまうため、優先順位が下がってしまいます。

理想的には週に4,5回トレーニングに行って、腹筋の日を設けたいところですが、よほどのトレーニング好きでない限りなかなか難しいです。

そこで自宅でのトレーニングを考えるわけです。

とは言え、何種類かの腹筋を1日30分というのはこれまた継続が困難。

そこで、2種目+所要時間3分というものを見つけてきました。

ブルース・リー式腹筋

ブルース・リーの思想について論じた『ブルース・リー ノーツ』という本に、彼が毎日行っていた腹筋トレーニングが紹介されていました。

そのやり方は次のとおり。

(1)シットアップ・タッチング・トウズ (5回)

背中を下にしてマットレスの上に横たわり、両足は完全に伸ばし、両手は頭の後ろに伸ばす。ゆっくり上体を起こし、両手が爪先に当たるまで曲げる。そのポジションを暫く保ってから、元のポジションに戻す。(合計十秒)

(2)ベント・レッグ・レイズ (5回)

背中をマットレスにつけ、両手を頭の後ろに伸ばす。ゆっくり両足を曲げ、胸に向けて持ってきて、できる限り胸に近づけた位置でいったん止める。元の位置に戻す。合計十秒。

(ブルース・リー ノーツ、154ページ)

わずか5回ですが、かなり腹筋にテンションが入ります。

もちろん、腹筋を強化するためには他の種目も取り入れた方がより効果的です。

特に脇腹に筋肉をつけるためには脇腹に特化したトレーニングが必要ですからね。

とりえあず、時間がなくてジムで腹筋に割く時間がないと言う方や、自宅で腹筋をしても続かないという方にオススメです。

何しろ3分で終わりますからね(笑)

ちなみにこの『ブルース・リーノーツ―内なる戦士をめぐる哲学断章』という本、普通に哲学の本として読んでも面白いです。

すでに絶版でAmazonだとプレミア価格がついているので、古本屋で見かけた買いです。

-筋トレ・有酸素運動