自分の睡眠の質がクソすぎる―高校生の時から睡眠時間が逆転

最近、短時間睡眠の日が続いたおかげで体がおかしくなりました。

あれから何とか睡眠サイクルが元に戻り、現在は2時就寝、9時起床の状態です。

この状態が続いてくれるといいのですが、すでに崩れ始めている兆候が(笑)

フリーで自宅で仕事をしていると睡眠時間が不安定になってしまいます。

そんな状態で納期に追われて短時間睡眠を強いられると非常に危険。

今回はさすがに懲りました。

というわけで、今後は快適な睡眠を追求することにします(笑)

その方法を考える前に、自分のクソな睡眠遍歴を振り返ってみました。

高校生の時から夜型に…

睡眠が狂い出したのは中学生になり、睡眠時間が自由になってからです。

特に決定的だったのが中間・期末テスト。

一夜漬けを敢行したため、夜中の2時、3時まで起きる状態を始めて経験しました。

土日も9時、10時まで寝るようになります。

とは言え、まだ朝起きて学校に登校する生活だったので、睡眠が不安定になったわけではありません。

高校も基本的に同じですが、受験のために日常的に1時、2時まで起きている日が続くことに。

土日も11時、12時まで寝るようになりました。

高校2年くらいから朝が辛くなります。

高校3年の時には完全な夜型になっていました。

特に受験の追い込みが始まる秋から1月までは地獄のような状態に。

何回か寝坊で遅刻して体育教師にキレられました(笑)

大学で睡眠時間が致命的に悪化

そんなわけで、大学でもっとも嬉しかったことは、朝起きなくていいことでした(笑)

文系学部だった上に、必修の科目も複数ある時間から選ぶパターンだったので、1時間目にある講義はすべて却下。

1年、2年目は単位を稼ぐために2時間目の講義も取りましたが、3年からはすべて午後の授業のみ。

加入したゼミの講義や演習が午後からしかなかったのも幸いでした。

3年の時には3時間目の授業すら起きるのがダルい状態に(笑)

3年から4年の前半にかけては、朝7時頃に眠り始める廃人寸前でしたね。

バイトでやや持ち直す

4年の時にはほぼ単位は取り終えていたので、小銭を稼ごうと思い作業系のバイトを始めました。

朝から仕事があります。

最初は起きるのに死にそうでしたが、3ヶ月もすれば多少はマシになってきました。

作業で体を動かしていれば眠気もなくなりますしね。

昼夜逆転した学生や二ートの人が社会復帰(?)をしたいなら、とりあえず作業系の単発バイトをオススメします。

ブラック企業で再び悪化

昔の記事で書いた通り、地獄のようなブラック企業でした(笑)

分刻みのスケジュールで仕事を要求され、上司の気まぐれで頻繁に変わる仕様。

残業代抑制のために残業がなかった点はまだマシでしたが…。

19時頃には帰宅できるも、金がなかったせいで家でネットを見て時間を浪費するだけです。

結果的に朝から夜までパソコンのモニターを見る生活に(笑)

精神的ストレスとのコンボで12時を過ぎても寝れないように。

それでもやってくる出勤時間….。

電車では吊革を掴んだまま眠り、目の前の座席に座った乗客が運良く降りれば座って仮眠。

会社の入っているビルの隣のビルで、たまたま見つけた人が来ないトイレでも寝ました(笑)

こうやって5分から10分寝ると妙にラクでしたね。

結局、睡眠の状態が改善したのは会社を辞めてからでした(笑)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *