Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

筋トレ・有酸素運動

ガリのための筋トレ―あまり脂肪をつけずに体重を増やす食べ方

管理人ももともと痩せ型ですが、ガリが体重を増やすのはなかなか大変です。

気合いを入れてご飯を二合食べた日には猛烈が眠気に襲われたり、あるいは腹痛を起こしたり...。

食が細い人にとって、一度に大量の食事を摂るのは至難のわざです。

ところが、この食べ方は体重増加にとってよろしくないようです。

1日の食事を5回以上に分け、1回に少量ずつ食事を行う

1度に体力の栄養を摂った場合、筋肉を作るために活用できなかったエネルギーは体脂肪として貯蔵されてしまいます。

痩せすぎている場合はそれも悪くありませんが、気が付いたら体脂肪率が20%を超えていたりすれば泣くに泣けません。

1日数回に分けて少量ずつ食事を摂った場合、アミノ酸が持続的に筋肉に送り込まれるのでタンパク質の合成が効果的に行われます。

この食べ方だと余分なエネルギーが発生しにくく、体脂肪があまり蓄積されません。

何よりも胃が小さい人にとって1回で大量に食べなくてもいい点が嬉しいですね。

朝食と筋力トレーニングに栄養補給を!

筋肉を成長させるために最も重要な食事の時間は、朝食とトレーニング後のようです。

この時間帯に食事を摂らない場合、筋肉の回復が遅れたり、代謝速度が低下してしまう模様。

代謝速度が低下してしまうと体脂肪が付き易くなるというデメリットがあります。

フリーで仕事をやっていると余裕で夜型になりますが、規則正しい生活にして朝飯を食べた方がいいのか...。

筋力トレーニング前にも影響補給を!

空腹状態で筋肉トレーニングを行うのはオススメできません。

管理人も貧乏リーマン時代に何度かやったことありますが、血糖値が下がっているので倒れそうになります(笑)

空腹時に運動すると脂肪が燃焼するので体脂肪率を落としたい場合にはいいかもしれません。

ただし、空腹の状態では筋肉がエネルギー源として使われてしまいます。

それにトレーニング前に栄養補給を行っていた方が、ワークアウト後に筋肉をつくる過程が早まるのでオススメです。

-筋トレ・有酸素運動