Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

搾取

世界が残酷な理由―東京で思い知った生まれながらの格差。実家暮らしは勝ち組。

「世界は残酷、でも美しい」というのは進撃の巨人に出てくるセリフですが、弱肉強食の世界を表わしたものです。

残念ながらこの言葉は、人を喰う巨人が跋扈する漫画の世界に限らず、現代の日本の社会にも当てはまるようで(笑)

地方生まれの人間が東京で一人暮らしして働く場合

管理人は地方の一般的な家庭で生まれ育った人間です。

学校は小学校から高校まですべて公立。

今思えば、家庭環境によって格差はあったと思いますが、それでも大きな社会的な違いを感じたことはありませんでした。

子供だったの気が付かなかっただけかもしれませんが...。

大学は東京でしたが、比較的地方出身の人間が多かったので格差が気になったことはありませんでした。

管理人は生活を維持するために奨学金を借りてアルバイトもしていましたが、同じ状況の人間はたくさんいました。

それでも、実家住みの同級生がアルバイトで稼いだお金を使って豪遊していたのは羨ましいと思いました。

働き出して格差を感じる...

すでに何度か書きましたが、大学卒業後に就職した企業はブラック企業でした。

夏と冬で1ヶ月ずつ出ると聞いていたボーナスもなく、給料の遅配までありました。

犬小屋のようなワンルームマンションに住み、生活費は全て込みで15万円ほど。

大学卒業前の引っ越し代のローン払いと奨学金の返済が重なり、毎月3万円ほどしか好きに使えるお金がありませんでした。

大学時代に貧乏暮らしの辛酸を舐めた管理人は、働き出したら何としても貯金を頑張ろうと思っていたので、スズメの涙ほど3万円を何としても死守。

食費を削り、買いたいものも買わず、趣味も我慢し、1年頑張って貯めたのはわずかに35万円ほど...。

当時はネットで稼ぐなんて発想すらありませんでした。

お金を稼ぐには給料を貰うしかないと思いこんでいたのです。アホですね、まったく(笑)

そんな中、会社の同期で実家から通っている人たちは、苦しんではいてもどこか余裕そうでした。

そう、彼らは実家暮らしのために家賃、食費、光熱費が不要なのです。

中には一銭もお金を入れず、逆に携帯電話料金を払ってもらっている人もいました。

重要なのは、実家暮らしをしていた人たちを批判したいわけではないことです。

彼らは高い金を払って犬小屋で暮らしていた管理人よりも、圧倒的に効率のいい暮らしをしていただけです(笑)

実家暮らしは圧倒的に有利なオプション。道徳的な批判はナンセンス。

管理人の固定費は15万円ほど。1年で180万円です。

実家暮らしで一円もお金を入れないとすると、毎年180万円の差が出ることになります。

5年間で900万円。

同じような仕事をして同じ給料を貰い、同じ額の税金を払っても5年間でこれだけの差が出るわけです。

まったく世界は残酷ですね(笑)

東京は確かに地方と比較して平均賃金が高いですが、生活費も高くなります。

さらに言えば、金を使わなければ食事の質も大幅に下がります。

東京で実家住まいの人は、生活費の高さというデメリットの影響を受けずに、高い給料というアドバンテージだけを享受することができます。

30代や40代の人でも実家で暮らしている人はけっこういました。

少し前に「パラサイトシングル」なんて言葉がありましたが、全くナンセンスですね。

実家暮らしは経済的に見れば非常に合理的な選択です。

もちろん、自由が制限されるとか、親と暮らすのは疲れるといった不自由さはあります。

女の子を連れ込むこともできませんしね(笑)

持たざる者は頭と体を使って環境を良くするしかない

東京に実家があるだけでもかなりのアドバンテージです。

実際、アルバイトや派遣社員で働くだけでもかなりお金を貯めることができるでしょう。

管理人も東京のブラック企業時代は自分の不利な環境を随分と嘆きました。

東京に実家がある人が本当に羨ましかったです。

金持ちの家に生まれて、労せずにして富を得ている人たちもいます。

初期値がまったく違います。チートですね(笑)

東京で高い生活費を払い、ブラック企業に勤めて続けたとしても未来はあまり明るくなさそうです。

体を壊し、お金も貯まらないというトホホな状態に陥る可能性が高いですからね。

ですが、持たざる者は自分で努力するしかありません。

ブラック企業で働く苦痛や金のない苦しみを嘆いても、根本的には誰も助けてくれません。

田舎で安い家と食料を確保し、毎月15万円ほどの収入でスローライフを送るもよし。

ネットを使って月収100万円を目指すもよし。

ネットでお金を稼ぐ方法はたくさんあります。

持たざる者が金持ちに比べて多少なりとも不利な条件が少ないのがネットビジネスのいい所です。

-搾取