Hungry Squirrel

生きずらい世の中で男が楽しくいきるためのブログ。筋トレ、旅、アウトドア、節約生活。

「筋トレ・有酸素運動」 一覧

ビルドマッスルHMBサプリメントって効果あるのか?とりあえず3カ月試してみる。

最近は筋トレの成果も感じにくくなっており、モチベーションも下がり気味です。 トレーニング内容自体に大きな問題はないはず。ということで、原因はおそらく栄養。 管理人はもともと小食で、高校1年から大学4年まで体重の変動がなかった男です(その後、ブラック企業に就職し体重減少笑)。 当たり前ですが、筋トレで負荷をかけた筋肉を回復させ、筋肥大まで持っていくには適切な栄養摂取が不可欠。 とは言え、管理人の消化能力では食事を多く取ったり、プロテインを毎日飲むだけではあまり目に見える効果がなかったのも事実。 そこで今回、ビルドマッスルHMBサプリメントというサプリを導入してみました。

no image

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第三週6・7日目

「マッスル&フィットネス」で紹介されていた体脂肪率を落とす4週間のプログラム、第三週目もようやく終わりを迎えました。 6日目は「フラン」のワークアウトという、バーベルスラスターとチンニング(懸垂)を交互に繰り返すトレーニングです。 そして7日目は休養日となり、第三種目も終了に。

no image

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第三週3日~5日目は有酸素と腕がメイン

「マッスル&フィットネス」に掲載の体脂肪率を落とすための四週間のプログラムを実践中です。第三週も5日目を終え、終わりが見えてきました。 全体的に、ウエイトを使ったトレーニングと有酸素運動がバランスよく組み合わされたメニューですが、第三週目は比較的有酸素や多くの回数をこなすメニューが多くなっています。

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第三週1日と2日目

体脂肪率を3%落とすべく、「マッスル&フィットネス」に掲載されていた四週間のプログラムを実践中。 三週目になり、折り返し地点を超えました。 三週目はウエイトを使ったガシガシ効かせるトレーニングは少なく、どちらかといえば有酸素や回数を多く行う内容が多い印象。

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第二週5日と6日目

体脂肪率を3%落とすべく、「マッスル&フィットネス」に掲載されていた四週間のプログラムを実践中。 現在、第二週目の6日目まで終了。ようやく折り返し地点です。

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第二週3日と4日目

現在17%の体脂肪率を14%まで落とすべく、「マッスル&フィットネス」に掲載されていた体脂肪率を落とすための四週間のプログラムを実践中です。 第二週の3日目は休息日。ゆっくりと休むことができました。 そして4日目は低負荷で回数をこなすトレーニングです。

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第二週2日目

「マッスル&フィットネス」に掲載されていた体脂肪率を落とすための四週間のプログラム。 第二週2日目ですが、第一週1日目から一週間以上空いてしまいました。決してサボっていたり、飽きてしまったわけではありません(笑) 実は脚の筋肉痛が治らず、今回のトレーニング内容が下半身中心なので、治るまでいったん休止していました。なんともだらしねぇですね。 まぁ、疲労が残っているのに負荷をかけても良くないので、無理はしないようにしましょう。

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第一週7日目と第二週1日目

「マッスル&フィットネス」に掲載されていた体脂肪率を落とすための四週間のプログラム。 第一週目を終え、ようやく第二週目に突入。 ザッとメニューを見る限り、第一週目よりもキツそうです。すでに脚が筋肉痛でパンパンなのですが...。

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第一週目6日目

「マッスル&フィットネス」2015年6月号の体脂肪率を落とすための4週間のトレーニング。 体脂肪率を1ヶ月で3%落とすべく、このプログラムに挑戦中です。 今回は第一週の6日目。メニューは30分の有酸素運動。このプログラムの中では運動負荷の軽い日です。

【アラサー男のダイエット】体脂肪率を4%落とす4週間の筋トレプログラムに挑戦―第一週5日目

「マッスル&フィットネス」2015年6月号で紹介されていた、体脂肪率を落とすための4週間のトレーニング。 今回は第一週の5日目です。 4日目は休養日でしたが、今回のメニューは20分間のサーキットトレーニングです。